有限会社 ティアープロジェクト




高齢者施設の経営者・管理者様へ

 

希望者が感動する『特長』と他の施設が真似できない『差別化』とは?





介護職専門の接遇マナー

いまだ、どこの施設でも確立できていない『職員の接遇が一流の施設』で圧勝する。


何とかしたいと思いませんか?


「首をかしげるような言葉遣い」「忙しさゆえの雑なふるまい」

「ご利用者様との話し方・聞き方の問題」

「コミュニケーション力の不足」

「来客・来訪者対応の物足りなさ」

「メンタルの弱さ」「我慢のキャパの少なさ」




今まで、経営には直接結びつかないと思っていたことが、実は最大の差別化・特長でした。
利用者様とご家族はもちろん、来訪者が驚くようなその場その場にふさわしい葉遣いや話し方、仕草や動作・所作、姿勢や立つ位置・立ち姿、身振り手振りなどのふるまい方、表情、コミュニケーション、自身のメンタルケアとメンタルトレーニング・・・、


これらを正しくやり遂げれば

入居率・利用率、人気、評判は確実に上がります。

今ある空室をすぐに埋めるのが、まさしくこの『接遇』だったのです。



介護職接遇の三本柱・・・『品の良い言葉』『質の良い動作・所作』「印象に残る感動』


コミュニケーション研修(実践)
コミュニケーション研修(実践)

接遇(言葉遣いと話し方)研修
接遇(言葉遣いと話し方)研修

個別カウンセリングとメンタルトレーニング
個別カウンセリングとメンタルトレーニング


教われば全員ができる、職員が変われば ご利用者様も変わる。

教えれば「全員ができるようになる」
教えれば「全員ができるようになる」

きれいな言葉で話せば業務もスムーズになる
きれいな言葉で話せば業務もスムーズになる

講習・セミナーは実際に「やってみる/ワーク」で掴む
講習・セミナーは実際に「やってみる/ワーク」で掴む









.